インテリア

ちゃぶ台が秘かな人気|現代の家にもピッタリ

リビングの顔

インテリア

リビングの印象を変えよう

リビングテーブルはソファと同じくらいリビングの雰囲気に影響する家具です。住む人の個性や価値観が反映されやすい家具で、「リビングの顔」と言えます。リビングテーブルは木製や金属製、大理石製など様々な種類があります。選ぶポイントとしては、ソファやテレビボード、カーペット、カーテンのような大きな面積を占めるものに色や素材が調和するデザインを選ぶと良いです。特にリビングのドアや床材、テレビボードと素材や色を統一させるとリビングに一体感が出ます。天板は円形、四角形が一般的です。部屋が狭く、圧迫感がある場合は円形の天板のリビングテーブルを選ぶと、角の部分がないため四角形のものよりも見える床面積が大きくなり、窮屈な感じを緩和させることができます。部屋を広く使いたい場合は折り畳み式のものを選ぶと良いでしょう。引き出しやマガジンラックが付いている収納力が高いリビングテーブルもあり、収納としても活用できます。最近ではリビングとダイニングが融合した考え方が広まりつつあり、ソファに座ったまま食事がしやすいよう、ソファの高さに合わせたリビングテーブルが人気です。テレビを見ながら食事をするスタイルが増えていることが人気の理由と考えられます。リビングやダイニングがあまり広くない集合住宅に多いスタイルです。リビングテーブルは家具を扱う店やネットショッピングで購入することができます。また、天板やカラーボックスなどを組み合わせてオリジナルのデザインで自作する人もいます。